私大文系出身の社会人の中には、小中学校時代から数学が苦手で逃げ続けてきた、という方も少なくないかもしれません。
かくいう私も、まさにそのカテゴリーに当てはまる人間で、GMATの勉強を開始してマスアカを購入したところまでは良かったものの、マスアカの内容を理解するには基礎的な知識が圧倒的に足りていないことにすぐに気づきました。

そこで、基礎を強化するべくGMAT Mathセクションの範囲をすべて網羅しているという新課程チャート式解法と演習数学1+Aを購入して勉強を始めたものの、この数学1+Aの内容すらついていけない体たらく。

もうこのレベルになると、理解できるところまで下りて行くしかありません。数学1+Aは所詮は高校1年生レベルの内容です。であれば、中三、中二、中一と段階的に下りて行くしかありません。迷わず、中学英語の復習ドリルを購入して基礎の基礎を固め直しましょう。

中学英語の復習ドリルはいろいろありますが、まずは以下の参考書をやって見ましょう。この1冊で、「算数」の入口からスタートして、中学校で学習する「数学」までが一通り収録されています。

小・中学校9年間の 算数・数学を10時間で復習する本

上の参考書をやって、まだ不安があれば、苦手な分野を公文の参考書でカバーするようにしましょう。