毎年新しいバージョンが発売されるOfficial Guide for GMAT Review。

古いバージョンのOfficial Guide for GMAT Reviewを持っていれば、新しいものは購入する必要がないのでしょうか?

Official Guide for GMAT Review 2016から2019までの設問数と前のバージョンと比較した時に、新しい設問がどの程度追加されているのか調べてみました。

結果は以下の通りです。

バージョン 設問数 新規質問数 新規設問率
2016 907 201 22%
2017 907 130 14%
2018 907 122 13%
2019 907 130 14%

Official Guide for GMAT Review 2015から2016になった時には200件以上の質問が追加されましたが、2017年以降は120-130件がコンスタントに追加されています。

新規設問追加率は13-14%程度で、新しいバージョンを購入するべきか、かなり悩むところでかもしれません。

しかし、GMACが提供する公式問題の価値を考えると、基本的には最新版を購入し、追加された問題に触れることをお勧めします。