MBA受験には避けて通れないことの一つがエッセイです。

本書は、MBA留学予備校として有名なインターフェースの講師が執筆した書籍です。エッセイやレジュメをはじめとする各種出願書類の作成方法から、インタビュー対策に至るまで、出願者が陥りがちな誤りを指摘しながらポイントを解説した日本語で書かれた参考書となります。

インターフェースとは

「グローバルな英語ビジネス環境における『変化の担い手』を目指す日本人顧客に対して、プロフェッショナルかつ最高のアドバイスとサービスを提供することにより、顧客一人一人が自らのリーダーシップ能力を育み、発揮しながらキャリア・ゴールを実現し、自らの可能性を最大化していく実現過程での『インターフェイス』となること。」を使命に掲げ、MBA受験を総合的に支援する予備校。

著者、ウォーレン J. デバリエについて

株式会社インターフェイス代表取締役、創業者。

40年におよぶビジネス経験は、エクソン(エッソ石油)チリ総責任者(サンティアゴ)、ゼネラル石油(現東燃ゼネラル)常務取締役(東京)、チェイス・マンハッタン投資銀行常務兼財務担当重役(ニューヨーク)などを含む。東京在住は25年近に及び、日本外国特派員協会(FCCJ)の長年のメンバー。

米国ルイジアナ州ニューオリンズ出身。ジョンズ・ホプキンス大学 高等国際問題研究大学院卒業(修士)。コロンビア大学コロンビア・ビジネススクール/ティーチャーズ・カレッジからは最高レベルのプロフェッショナル・コーチの認証を受けている。

本書の内容

通常インターフェースの婆は、定額制の「パッケージ・コース」の場合、MBA出願では、出願先1校分の全書類チェックで315,000円、7校分で787,500円という高額な授業料を支払う必要がありますが、本書では以下の内容を数千円で学ぶことができます。

  • 60のエッセイ・サンプルとトップMBAプログラムのエッセイ課題を収録
  • レジュメ、推薦状、エッセイ作成のポイントを豊富なサンプルとともにくわしく解説
  • インタビューで「すべきこと」と「してはならないこと」を戦略的にアドバイス
  • 職務経験とコミュニティ活動のバランスがとれた魅力的な出願者となるための方法
  • MBAプログラム入学後の就職活動について日本人が必要とする情報