GMAT攻略に必要な基礎力

GMATで高得点を出したいという場合、基礎力の育成が非常に重要な要素になってきます。

ご存知の通り、英語力の基礎は下記の要素から成っています。

1.語彙力
2.文法力
3.思考力

一つ一つ掘り下げていきましょう。

GMAT攻略に必要な語彙力はどれくらいか?

まず、1の語彙力ですが、GMATではかなりの語彙力が要求されます。
一般的な大学入試では、2000~4000語くらい、
TOEFLでは4,000~6,000語くらい、
GMATでは6,000~10,000語くらいが要求されると言われています。

もちろん、知らない言葉は類推すればよいのですが、GMATのように圧倒的に時間が少ないテストでは、語彙力の差が、
そのままリーディング速度の差となり、最終的なスコアに大きな差がでます。

GMATの語彙力の強化は下記のように行います。

初級)

【CD3枚付】TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)

TOEFL対策で購入された方も多くいると思いますが、持っていない方はすぐに買いましょう。まず、この本に載っている4,000語をすべて頭に叩き込みます。これは最低ラインです。

中級)

これではまだまだ足りないので、OGなどをやる中で出てきた単語もメモしておき、覚えていきます。覚えるにあたっては、コレクト社の情報カードがおすすめです。型くずれしにくく、大きいので例文等も記載しやくすく、カード型になってるのでシャッフルが容易です。
31R1NvIv-9L

上級)

これでさらに足りなければ、自分が弱い分野の記事をタイムなどからピックアップして、読み、単語を覚えていきます。GMATでは、かなり医学や宇宙など、かなり専門的なトピックが頻出するので、分野別の対策も必要になってくるのです。

言い換えると、人文科学における幅広い教養や知識は、GMAT対策においては(TOEFLも同様だと思いますが)プラスになるということです。単語というのは当然ですが常に文脈の中に存在するものですので、周辺の知識とあわせて習得するというのはとても理にかなった方法だと思います。

2.文法について

GMATの勉強に取りかかる人は、基本的にはTOEFLで十分なスコアを出し終えた方々がほとんどだと思いますので、文法についての詳細の説明は割愛しますが、確認用として、以下の教材をおすすめしておきます。TOEFL/TOEICの教材です。

TOEIC(R)TEST文法完全攻略 (アスカカルチャー)

ここら辺が、入門書として人気の教材ですが、もし可能なら、マニアックなSCの文法対策のために、以下の参考書を手元に置くこともお勧めいたします。

ロイヤル英文法―徹底例解

3.思考力

これはGMATではよくあることなのですが、CRなどが解けなくて困っていて、日本語に試しに訳してみたところ、日本語でもよく分からない、ということがあります。そういったケースは、英語の問題ではなく、思考回路の問題です。

GMATではロジカルシンキングが要求されますので、普段から、いろいろな本を読み、思考を深めておくことが必要になります。

SC攻略の流れ

SCは、難関であるVerbalセクションにおいて、最も得点源にしなくてはならない大切なところです。

SCで問われる文法は、TOEFLやTOEICの文法に慣れ親しんだ人には、違和感を覚えることが多いようです。確かに、TOEFLやTOEICの文法と、GMATの文法は、質が違います。以下は、ネイティブのTOEFL,GMATの教師が教えてくれた、TOEFLとGMATの違いです。

■対象者
TOEFLの対象者 ⇒ International Student
GMAT SCの対象者 ⇒ MBAを目指す、ネイティブのアメリカ人

■問われている文法の種類
TOEFL文法 ⇒ ベーシックなグラマー
GMAT SC文法⇒洗練されたWriting English

GMAT SCで問われている文法事項はネイティブにとっても十分難しいもので、GMAT SCの誤答の中には、ネイティブが口語英語で慣れ親しんでいる、
慣用表現のひっかけが多く含まれています。要するに、文法的に間違っているかどうか、というポイントだけではなく、より洗練された表現はどちらか、という点が問われているのです。

そのことを念頭に置いた上で、SCを独学で攻略する方法を説明していきます。

ステップ1:テクニックの習得

まず、新テスト対応版 MBA留学 GMAT完全攻略
のSCセクションを読み、問題に取り組みます。

そして、この本に載っているテクニックを丸暗記し、問題を解く際にきちんと使用できるレベルになるまで頭に叩き込みます。

この時点では、時間のことは特に気にせず、徹底的に理解に努めてください。

次に、WlimitsのSC攻略方法を熟読し、内容をマスターします。

ステップ2:問題演習

問題演習は、GMATの勉強のバイブルとも言える、GMAT Official Guideを使います。

ここからこのOGを使って、問題演習をはじめるのですが、問題を解く際には、自分で考えるのではなく、
新テスト対応版 MBA留学 GMAT完全攻略
WlimitsのSC攻略方法
に記載されていたテクニックを、ひとつ一つ問題に当てはめ、当てはまるテクニックを見つけ出すことに全力を注ぎます。

通常の問題では、いくつかあるGMAT SCのポイントのうち、2つほどを適応すると、答えが一つに絞り込めるようになっています。

どのテクニックにも当てはまらないと思った問題は捨てて次の問題に移りますが、如何に早く捨てられるかが、大切なポイントの一つです。

ステップ3:テクニックの高速化

テクニックを応用するスピードを上げるため、すべての問題は1分半に時間を区切って回答を出します。できればストップゥオッチは入手しておきましょう。

次に、答えあわせをしないまま時間をかけて、テクニックをすべて使用して回答を再度出します。

この後で、初めて答えあわせを行います。このときに、自分が使えているテクニックを確認することが大切です。

1)時間を計って答えを出した時には使えなかったが、時間をかけたときには使えたテクニック
2)よく考えても使えなかったテクニック

とを区別し、自分の弱点として頭に叩き込みます。

基本的にはこれで終わりですが、もし可能であれば、Kaplan の教材を購入して、SCだけの演習テストを、コンピュータ上で演習されたらよいと思います。

オンラインテストの類はたくさんありますが、SC、RC、CRと分野別に演習でき、かつ評判がいいのはKplanくらいです。

CR攻略方法

CRは与えられたパッセージを論理的に理解し、付随する質問に対して最も適当な解答を選ぶという問題です。

普通、VERBALセクションの41題のうち約11題が出題されます。基本的には、SCと同じようなフローで勉強していきます。

ステップ1:テクニックの習得

まず、アルク社のMBA留学GMAT完全攻略のCRセクションのところを読み、問題に取り組みます。

そして、この本に載っているテクニックを丸暗記し、問題を解く際にきちんと使用できるレベルになるまで頭に叩き込みます。

この時点では、時間のことは特に気にせず、徹底的に理解に努めてください。

次に、WlimitsのCR攻略を熟読します。

 

ステップ2:問題演習

問題演習は、GMATの勉強のバイブルとも言える、オフィシャルガイド(通称OG)を使います。

SC同様、ここからこのOGを使って、問題演習をはじめるのですが、問題を解く際には、自分で考えるのではなく、

新テスト対応版 MBA留学 GMAT完全攻略
WlimitsのSC攻略方法
に記載されていたテクニックを、ひとつ一つ問題に当てはめ、当てはまるテクニックを見つけ出すことに全力を注ぎます。

ステップ3:テクニックの高速化

テクニックを応用するスピードを上げるため、すべての問題は3分以内に時間を区切って回答を出します。

次に、答えあわせをしないまま時間をかけて、テクニックをすべて使用して回答を再度出します。

この後で、初めて答えあわせを行います。このときに、自分が使えているテクニックを確認することが大切です。

1)時間を計って答えを出した時には使えなかったが、時間をかけたときには使えたテクニックと、
2)よく考えても使えなかったテクニックとを区別し、

自分の弱点として頭に叩き込みます。

CRはロジックを図で表すと効果的

CRはロジックを図で表すと効果的です。もっとよい表現方法があるかもしれませんが、下記は僕が理解するために頻出するロジックを整理したものです。

● 基本形
X(原因)⇒ Y(結果)

● Assumtion問題
1.X 以外に Y の原因はない=第三要因 Z は存在しない( only X ⇒ Y )
2.Y が X を引き起こした訳ではない (× Y ⇒ X)
3.X がなければ Y もない (not X ⇒ not Y)

● Weaken
1.第三要因 Z が存在する
1-1.Z が Yの原因( Z ⇒ Y)
1-2.Zがあるため、Yが成立しない(C ⇒ ×Y)
2.原因 X の情報が間違っている ( not X ⇒ not Y)
3.原因 X は Y の逆の結果を引き起こす ( X ⇒ not Y)

● Strengthen
1.X を補強する追加情報 X+ がある ( X+ ⇒ Y+)
2.X 以外に Y の原因はない=第三要因 Z は存在しない( only X ⇒ Y )

どうしても分からなければ、一度問題と答えを、すべて日本語で翻訳してみてください。

それで分かれば、単なる英語力の問題です。
逆に分からないようであれば、それは思考力の問題です。

基本的にはこれで終わりですが、もし可能であれば、Kaplan の教材を購入して、SCだけの演習テストを、コンピュータ上で演習されたらよいと思います。

 

mathの勉強方法

ステップ1基礎力の育成

mathですが、範囲は明確に決まっていて、日本の高校1年生までの内容です。範囲としては、いわゆる数学1+Aです。

まずはこの数学1+Aの内容を理解していないと、土俵にすら立てませんから、自信のない方は、まずはここから始めましょう。おススメの参考書は、新課程チャート式解法と演習数学1+Aです。

万が一、このチャート式を見ても詰まるようなら、中学生のドリルから復習することをおススメします。実際私も、中学2年の参考書から上に上って行きました。

ステップ2:テクニックの習得

GMAT Mathの参考書といえば、マスアカしかないでしょう。ちょっと高いですが、予備校に通うことを考えると、破格の安さだと思って迷わず購入してください。

チャート式数学1+Aの理解の上に、このマスアカで学べる基本的なテクニックを習得すれば、あとは演習あるのみです。

 

ステップ3:問題演習

問題演習は、GMATの勉強のバイブルとも言える、やはりオフィシャルガイド(通称OG)を使います。ストップウォッチを使って、実線さながらに問題を解いて行きましょう。

 

GMATは実践力を養うことが大切

GMATはコンピュータで受けるテストです。

このことが意味しているのは、本番に強い実践力を身に付けるためには、
紙での演習はだめで、徹底的にコンピュータで練習を積む必要がある、ということです。

コンピュータでの演習ですが、誰もがとことん取り組む必要があるのが、mba.comで入手できる、GMATの模擬試験です。

GMATにおいては、問題の質が非常に重要で、おかしな教材に手を出すと、感覚がズレて、スコアが大幅に下がることも多々あります。

そんな中で、主催者側が作成したこの模擬試験は、最も信頼のおけるリソースといえます。

GMAT Prepの使い方

ストップウォッチ片手に、実践さながらに受けてください。重要なのは、復習です。

このテストの最大のデメリットは解説がないので、間違えた問題は分かりますが、なぜこれが正しいのか、という答えあわせができません。

そのため、僕は、画面のハードコピーをエクセルに貼り付けて、友人やネットの掲示板を使って、間違えた問題の徹底解明に努めました。

予想以上に問題を多く収録しているようで、20回以上やりましたが、毎回違う問題に出くわしました。(もちろん、重複も多々あります。)

また、コンピュータ上での演習で、もう一つ人気が高いのが、GMATKINGです。
http://www.gmatking.com/

このGMATKINGも解説はありませんが、今まで取り組んだOGの問題を始め、中国人が本試験の問題を集めたとされる、通称「中国問題」等も入手できるようです。

購入を検討されたらよいかもしれません。